妊婦 葉酸 食べ物

葉酸を多く含む食べ物を解説します。

このサイトでは、葉酸を多く含む食品と不足分を補う葉酸サプリをご紹介します。

 

 

最近では、妊活が話題になっています。
そして、妊娠するには葉酸を多く摂取する事が大切という事が認知されるようになりました。
国(厚生労働省)も、妊婦さんに下のような分量の葉酸を摂取するように指針を出しています。

 

・妊娠していない時の1日の推奨摂取量は240μg です。
・妊娠1か月前から3か月は 1日に640μg
・妊娠中期から後期の葉酸の推奨摂取量は440μg、授乳中は340μgです。

 

このサイトを見ている人は、
・赤ちゃんが欲しい
・そのためには葉酸・・でもどんな食品に多く含まれているの
と思っているはずです。

 

葉酸は、主に葉菜類に多く含まれ、レバーや卵黄、サツマイモやノリ、果物に多く含まれます。

 

葉酸という名前の通り、ホウレンソウやからし菜、春菊などの葉菜や、芽キャベツ、ブロッコリー
アスパラガスのような緑黄色野菜に多く含まれています。

 

又、サツマイモなどのイモ類やイチゴ、オレンジ、グレープフルーツなどの果物
アボガドやマンゴーの様な輸入された果物にも多く含まれています。

 

これ以外にも、動物性の食品である レバーや卵黄、この他豆類や納豆、ノリ、クルミから緑茶
にも、良く含まれています。

 

次に、100グラム当たりに含まれる葉酸の量をμg単位で示します。

 

・鶏のレバー 1300
・牛のレバー 1000
・枝豆 320
・芽キャベツ 240
・ブロッコリー 210
・ホウレンソウ 210
・アスパラガス 190
・納豆 120
・ソラマメ 120
・イチゴ 90
・アボガド 84
・サツマイモ 49

 

葉酸の弱点

 

実は、葉酸には弱点があるのです。

 

それは、「熱に弱い」「水に溶けやすい」 という2点です。
実は、色々な食品から葉酸を沢山摂ったつもりになっていても、実は半分も摂れていないのです。
例えば、野菜を炒めるとかなりの葉酸が壊れてしまっていますし
ホウレンソウのお浸しなんかは半分以上の葉酸がゆで汁に溶けてしまっているのです。
その為、生で食べられるものは生で食べるしか方法がありません。

 

唯、卵黄だけは加熱調理しても大部分が摂取できるのですが
卵黄を取りすぎるとコレステロールが多くなる弊害もあります。

 

つまり、食品だけで十分な量の葉酸を摂取するのは、極めて困難です。
特に、葉酸が一番必要なのは 妊娠1か月前から3か月の期間。
この時期は、通常の2.5倍もの葉酸が必要なんです。

 

そこで、おススメなのが葉酸サプリです。
葉酸サプリは大抵が錠剤で、正露丸の様に臭いもないし
風邪薬の様に苦くて飲みにくい訳でもありません。

 

妊娠初期って実は妊娠しているかどうかは解りません。
この時期に、無理に葉酸を食品から摂ろうと思っても 長続きしません。
でもサプリなら・・ストレスも感じないでしょう。

 

その上、妊婦さんに必要なのは葉酸だけではありません。
・赤ちゃんの骨になる・・カルシウム
・赤ちゃんの血液になる・・鉄分
・妊婦さんの美容にも・・ビタミンC

 

などの成分も同時に摂取できるのです。
そこで、おススメの葉酸サプリを紹介します。

お奨めの葉酸サプリ ベルタ葉酸サプリ
2608

ベルタ葉酸サプリ〜の特徴
 
・厚生労働省推奨400μgの葉酸
・27種類のビタミン・ミネラルを配合
・15mgの鉄分・250mgのカルシウムを配合
・18種類の野菜を配合
・安心・高品質の美容成分を配合
・安心の無添加・無香料・製造チェック
・出産・授乳経験のある社員スタッフによるサポート
 
妊婦さんには、葉酸の他カルシウムや鉄分が不足するので、
これらを補えるのがとても嬉しい。
又、無添加で無香料なのも赤ちゃんに安心です。

 

価格 特典など 評価
5980円

送料無料、税込。
定期便だと33%オフの3980円

妊婦,葉酸,食べ物,サプリ
ベルタ葉酸の総評

 

出産・授乳経験のある社員スタッフによるサポートって他にないですね。
会社がわざわざこんな社員を雇っているのが前向きに思えます。
マニュアルに沿った対応でないので、イレギュラーの質問にも
答えが出せるので、心強いと思います。
これなら、妊娠中は勿論、出産後や授乳中でも相談できるので
>出産後でも使い続けられる葉酸サプリです。

 

 

 

葉酸を補うには、ベルタ葉酸サプリがお奨めです

 

 

 

実はこの商品の事を聞いたとき・・単なるサプリと呼んで良いのだろうか?
と思いました。
妊娠・出産・授乳の経験のある社員に電話でのカウンセリングを行う
サプリメントなんて。
この会社の妊婦さん、お母さんに対する気持ちの要れようが中途半端ではありません。
普通はカウンセリングと言っても、外部に委託するのが多いのです。
マニュアルに沿った対応です。
これではイレギュラーな質問には適切にこたえられません。
でも、自分で経験していれば、どんな質問でも答えられるでしょう。
最初の妊娠では、不安も多いし相談相手も少ないはずです。
こんな時、相談出来る第3者が要ればどれだけ心強いかです。

 

人気も一番あるのも納得できます。